米大卒ママの出遅れ英語育児と4人の子どもたち。

11,7,4,0歳の母。米大卒の癖に2017年3月から英語育児を開始。子持ちで看護学校卒業後准看護師兼時々英語の先生。夫は2011年から単身赴任でワンオペ育児。2017年10月からDWE正規会員に。

My Sister3

淡々と更新しています。

この時ぐらいから、私は自分の過去について話せるようになってきています。

それまでは、全てはただただ私の胸の中にありました。

 

—————————

彼女の傷がまだ癒える前に私たちは京都市内からとても田舎へと引っ越して来た。


その日は姉の小学校入学式の前日であった。

 

姉は小学校入学式の日から学校へ行くことが出来なかった。身体を丸め机の下に隠れて出てこない姉の姿が思い出される。

 

そこから素晴らしい担任の先生と優しい同級生に支えられて小学校へ通い始めた。

 

その二年後私は小学校へ入学した。


その時の姉はかなり屈折していたように思う。

姉は私にお姉ちゃんと呼ばれるのを嫌い、許さなかった。ランドセルを蹴られて転ばされたこともある。

 

姉は私のことを完全に嫌いであるように振舞っていたが、姉しか姉妹の居ない私は嫌われようとも仲良くなろうと何度も何度も話しかけ遊ぼうとした。

 

その度に姉は私を拒否し、次第に私もそんな姉に関わらなくなっていった。

 

まるでアナと雪の女王みたい。

 

この出来事をどうも姉は長い間悔いていた様子で、別にしてもらわなくてもいい後悔をいつまででもして自らをまた不幸のどん底に陥れる要素の一つにしていたようだった。

 

————————-

Before her wound healed, we moved to a countryside from the center of Kyoto.
The day we moved there was the day before my sister's welcoming ceremony in elementary school.

My sister was not able to go to school from the first day of the school.
I could see that my sister hid herself by hunching under her table.

Her surroundings including her homeroom teacher and classmates were very nice, so she was able to start going to school.

Two years later, I entered elementary school.
At the time, she had a somewhat twisted personality.

She didn't want me to call her "sister," and didn't allow me to say so.

One day she kicked my school backpack, so that I fell down.

She acted like she didn't like me at all, but I tried to interact with her again and again, because I had only my sister to play with at my house.

She refused me on each occasion, and I gradually stopped trying to talk to her.

Our relationship is like the movie "Frozen."

My sister regretted the things that she had done to me for a long time.
While I don't need her to regret, it had made her life poorer.