米大卒ママの出遅れ英語育児と4人の子どもたち。

11,7,4,0歳の母。米大卒の癖に2017年3月から英語育児を開始。子持ちで看護学校卒業後准看護師兼時々英語の先生。夫は2011年から単身赴任でワンオペ育児。2017年10月からDWE正規会員に。

自己分析ナイト。

こんばんは、あきです。^_^

 

前回の記事から、本来の私って、分析屋だったな、と気づかされました。

 

小、中学生の時にはまったのは、「星座」と「カバラ」。父の書棚にある星座の本やカバラの本を読んでは、実際にどうなんだろう、と人の行動を見ながら分析してました。

長女を見ていると、そんな小学生、レアやな〜って思います😅😅

f:id:akey39:20190705223848j:image

 

そしてどことなく共通点を感じていました。

誰かと出会うと、「この人何座なんだろう?」と密かに思い、分析し、そして予想をつい立ててしまうようになっていました。今ではそんなに星座が気になるということはなくなりましたが…。

 

ただ、これって、全てがそうではないはずなのに、私は人を「型にはめて」いたのかなとも気がつきました。

 

自分では気がつかなかったけれど、結構色々なステレオタイプを持っている人間なのかも知れません。

 

それが時が経つにつれて、年を重ねるにつれて、より柔軟性のない考え方になっていっているのかも知れません。

 

他に、自分が分析屋だなって思うことは、英語教育でもあります。

 

例えば、これだ!という確信のある内容でレッスンをしたかった私は様々な英語育児の本、英語の教室の本、英語の教材、CD、DVDなどをたくさん収集して分析しました。また気になるセミナーにも参加しました。

 

例えば、英語教材でいくと、ペッピーキッズ、ECC、公文英語、アルクの養成講座、ORT、CTP、そしてディズニーなどを中古で手に入れて、実際に聞いたり見たりしながら研究していました。ありがたいことにWWKやしまじろうは友だちがくれました。

 

どうしたら、子どもたちが英語が話せるようになるのか。

 

自分が話せることと、人を話せるようにさせる技術は全く別物である、と思い知らされました。

 

だから、発音などはネイティブの方がいいかも知れませんが、トレーニングを受けていないただのネイティブは子供に英語力をつける術を知らないし、実際英語力をつけるのは至難の技だと思います。

 

ただ、いくら日本人だとしても、やっぱりトレーニングを受けたきちんとわかった人でないと英語を話せるようにするのは難しいと思います。しっかりとした理論がないと…。

 

そこで、その理論を自分の中で考える為に数多くの本、教材、CD、DVDなどを中古で購入して、比較検討していました。

 

そんな中の1つにたまたまあったのがディズニーでした。

 

ところが、他の教材などには、一長一短あるんですが、どちらかというと短所の方が目についてしまいました。

面白味に欠ける、日本語多用しすぎ、文法をブチブチ切って教えている、難しすぎ、簡単すぎ、単調すぎ、複雑すぎ、簡単→難しいという段階を踏んでのアプローチがない、やらせっぱなしでその後ノータッチなど今までの中学の時に習っていたようなやり方で教えておられる教材が多かったように思います。

 

ところが…、ディズニーは、常に私の度肝を抜いたのです。まさに目から鱗がボロッボロ出まくりました。

こんなやり方、日本中探してもこのディズニーしかないんじゃないかって思います。

 

それほど、ワールドファミリーメソッドにビックリしました。

 

そう思った私は色々中古で買い漁った他の教材はほったらかして、ディズニーの中古を早速我が子たちにやってみることにしました。

 

すると、このメソッドの底力を見ました。

この方法なら、子どもたちは楽しく遊びながら、確実に英語力がつく❣️ 

そこで今壮大な実験中、分析中なんですが、そんな人体実験を我が子たちでしている状況…という感じです。

 

分析して結果を出すと、恐らくそれがまた私のステレオタイプになってしまうのではないかと思います。

 

そして他を批判したり、否定したりして、されている方を悲しませたり、不愉快な気持ちにさせてしまうのではないかと思います。

 

そうならないように…他の教材について批判しないようにしないと!という気持ちを持ちつつ、色々今後も自分の考察などをうだうだ書いていくんだと思います。

 

けれど、この8年程かけて分析してきたのもあり、言うときは時には鋭くあまり周りを考えずに言ってしまうのではないかと思い…それでどなたかに不愉快な思いをさせてしまわないか、今からそれは心配しています…。

 

看護学校に行っていた時は人体の世界にどっぷりハマり、就職時にはイラストレーターやフォトショップの技術を学ぶことにハマり、常に何かを研究材料として分析してしまう自分がいます。

 

それは決して悪いことではないと思うのだけれど、時としてそうは思わずに誰かを傷つけてしまうかも知れないので、そこは気をつけていきたいなと思います。