米大卒ママの出遅れ英語育児と4人の子どもたち。

11,7,4,0歳の母。米大卒の癖に2017年3月から英語育児を開始。子持ちで看護学校卒業後准看護師兼時々英語の先生。夫は2011年から単身赴任でワンオペ育児。2017年10月からDWE正規会員に。

車で迷うことがなくなってきました。

私は関西圏に住んでいるのですが、研修やら家族に会うやらで金曜は南へ80キロ、1時間半の場所へ、日曜日は北へ40キロ、1時間の場所へ、月曜日は南へ100キロ、1時間半の場所へ、そして今日は南へ120キロ、2時間の場所へ行ってきました。

 

それの往復なので、金曜は往復160キロ程3時間、日曜は往復80程2時間、月曜日は往復200キロ3時間、今日は240キロ4時間…

 

さすがの私も今日は疲れすぎましたぁ。

行ってすぐに帰るわけではなく、色々あってのことなので、疲れが蓄積して来ました…

 

明日も明後日も明々後日も仕事ありますし、家事も育児もあります。合間をぬって洗濯3回ほど回したりしてます。今日もぼくちゃんは水たまりに靴で入りどろんこ。次女はなかなか宿題や明日の準備をしないし…主人は相変わらず単身赴任中。

 

息子(4歳)は何故かめちゃくちゃ助けてくれようとしていました。

大根おろしをすってくれて、お茶碗にご飯をよそってくれて(母の分だけ)、シュークリームを口の中に入れてくれました。

f:id:akey39:20190312225202j:image

(長女も次女も手伝いをよくしてくれていましたが、小学生になると子どもは急に忙しくなって手伝いどころではなくなります…)

 

本当は、もっと身のあることが書きたいのですが、少しでも時間があると家事が待っており…

 

それも車で移動するので、これだけ運転しまくっていると、だんだん道を間違えなくなって来ました!

 

というのも、私は「ザ・方向オンチな女」「雰囲気でこっちかな?が全部間違っている女」です。

 

「絶対に遭難しない」「小学生低学年でも普通に行って帰って来れる」っていう山に主人も居て、友だちも居て登ったにも関わらず気がつくと遭難。どこか分からないけど崖があり、川が流れており、誰も居ない。助けを求めても誰にも見つけてもらえず。何とか民家を見つけてここはどこなのか聞くとどうやら反対側に出てたらしい。そんな、間違えようがない道を間違える女なのです。

 

例えばですね…

 

キッザニア甲子園(西宮)に行くぞ!と行ったつもりが知らない間に梅田(大阪)に着いていた事件!!

 

さらに今度こそ間違えないぞ!と思っていたのに、なぜかまた再び福島に着いていた事件!!

 

神戸に行くつもりだったのに何故か岡山に行っていた事件!!

 

香川から帰るはずが何故か行方不明になる事件!!

 

アメリカで分からなくなり、元彼に「私は今どこにいるんでしょう?」と聞く事件!!

 

友だちが「ここは右」といい、また違う友だちは「え、左ちがうん?」と言い、結局どちらにも曲がれず交差点にもうすぐで激突しそうだった事件インアメリカ!!

 

ごく近所なのに未だにナビを使ってしかもたどり着けない事件!!

 

まぁ、正直数えきれないほどあります。

 

なのに無謀にも車で子どもを連れてあちこち行っているという…

 

で、最近、あまり道に迷わなくなって来たのです。(つい先日違う高速に乗ってしまった事件あったばかりですが…)

 

主人の母はそういうのは大丈夫な方で、私が運転していて、義母がナビをしてくれると、私はこの感じからしたら右かな〜と思う所なども必ず反対を言われます。そしてことごとくそれが合っているのです。

 

逆に主人は地図さえもたない、ナビさえしない感覚人間なのですが、突然、「おい、俺どこ走ってるか分からんぞ!」とか言い出すことがあるので困ってしまいます。

 

私が分かると思うかいっ!?

私が右って思ったら恐らく左が正解よ!

地図を読んでくれ!

あなたなら地図が読めるでしょう!

ってな感じです。

 

地図が読めない、方向オンチの人間は本当に苦労します。

 

今でも何度も通った道でもナビしています。

本気で何度も行くと随分分かるようになって来ますが…

ナビのない生活は出来ない、と思っています。

 

で、そんな人間がいるかな〜と思って調べてみたら…

意外とおられるみたいで面白かったです。

そんな皆やらかしてるんだ〜!

私だけじゃなかったのね〜、と変に励まされたり…。

しかしこの言葉!!

f:id:akey39:20190312224159j:image

ってアドバイスしてはる〜!!

 

治らないんかぁ〜(T . T)

 

これからどんどん知らない場所へ行くこともあると思うので、本気で何とかしたいと…と思っている次第なのでした。