米大卒ママの出遅れ英語育児と4人の子どもたち。

10、6、3、0歳の母。米大卒の癖に2017年3月から英語育児を開始。子持ちで看護学校卒業後准看護師兼時々英語の先生。夫は2011年から単身赴任でワンオペ育児。2017年10月からDWE正規会員に。

車中での一コマ。英語育児備忘録、次女編。

備忘録をもう少しこまめにしていこうと思います。

 

娘と車でいる時に、本当はwantのつく言葉を順番に言っていこうと娘には英語で誘ってみたんだけど、「オッケー♡」と言って言い出したのはスリーヒントクイズのような私は誰でしょうゲームでした。

 

以下、次女がピンク、母が緑色です。

 

Animal...

It’s an animal?

 

Yes, it’s animal, and yellow...

It’ yellow?

 

Yes, and brown circle

OK, there are brown circles?

 

And long neck!

Oh, there are brown spots!!

Is it a giraffe?

 

yes!!

 

ということで、キリンのスリーヒントクイズから始まり、くま、ホッキョクグマ、ペンギン、ひまわりと次々とヒントを出してくれました。

 

意識したのは、子どもが言った後、子どもと同じことを繰り返していうこと。その時に正しい文章や文法で言うこと。(言えてない時も多々あります)

自然と言えるようになることを期待しつつ言ってます。

 

 

するとぺんぎんでは、

It’s a animal.(anの認識はないけど、随分文章で言える言葉が出てきてました。)

 

No brown.

It’s not brown?

 

It’s not brown. It’s blue!

It’s blue??

 

氷のとこにおるってなんて言うん?

うーん、It lives in cold place?

 

Live? Cold place, and こうやって歩く!

(真似してます)

 

OK, it walks like that...

Oh can it swim well?

 

Yes!!

eating fish!!

 

OK! It eats fish!!

Is it a penguin?

 

Yes♩Yes!♩Yes♩

 

こんな感じのやりとりを長女のバレーを迎えに行く時にやってました。

 

やっぱり結構言えてるんですが、まだ文章としては全然な部分が見えてます。

 

ただ、長女よりも主語+動詞の順番がこんがらがっておらず、長女の方が文章にする時に主語抜け、名詞からの動詞という日本語の言い回しをすることが多いのでそれが課題かなという感じです。

 

今日はバレーの合宿で宿泊施設で一緒におりましたが、帰ってきました。

明日は川遊び!

風が最近吹いて来たので寒そう!

とりあえず明日は天気だったら、太陽が出てますように。