米大卒ママの出遅れ英語育児と4人の子どもたち。

10、6、3、0歳の母。米大卒の癖に2017年3月から英語育児を開始。子持ちで看護学校卒業後准看護師兼時々英語の先生。夫は2011年から単身赴任でワンオペ育児。2017年10月からDWE正規会員に。

【英語育児・英語教室】今家でチャレンジしているマザーグースの曲。マザーグースは英語育児に最強。

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 英語ブログ DWEへ

今取り組んでいる曲もせっかくなので記録として残しておこうと思います。

 

現在、英語教室の子どもたちが取り組んでいる歌は、

  • Humpty Dumpty
  • Edelweiss 
  • Peter Piper
  • Polly, Put the Kettle On
  • Pat-A-Cake

以上の5曲です。どれも有名な曲だったり、マザーグースです。

 

f:id:akey39:20180125205331j:image

f:id:akey39:20180125205404j:image

(作っている間に怪獣さんがやってきて所々よれております。)

 

このように壁に貼ってるのと、子どもたちがそれぞれのファイルにしまってあるものとがあります。

 

f:id:akey39:20180125205439j:image

 

今月の歌はこちらです。

 

先月はがっつりクリスマスの歌を歌いました。

 

そして新たに作ったアイテムはこちらです。

f:id:akey39:20180125205734j:image

歌のテストです。

 

これはDWEからヒントを得ました。

 

DWEも、歌のテストがなければここまで集中して覚えることはできなかったかも知れません。

でもテストがあるとなれば聞くのも集中します。さらに、1曲を真剣に聞くことで、他の歌も真剣に聞く力がつき、いつのまにかかかっているどの曲も覚えてしまうことが出来るという相乗効果もあります。

 

どんどん英語耳を作っていってあげたいと思います。

 

ところで、こちらのマザーグースなんですが、紹介してくださったのはのりこさんという方です。この方ももう素晴らしい方なんです!

現代の英語育児のレジェンドのお一人です。

 

私の長女と同じ小学4年生のお子さんがおられるんですが、それはそれは素晴らしい英語を話されます。

 

アメリカンジョークにも大笑いできちゃう本当に素晴らしすぎるお子さんです。

 

私はこの方のお陰で本当に大きく成長させていただき、また娘たちにも自信を持って英語育児に取り組めています。

 

今日はのりこさんの名言をお届けします。

「正しいより楽しい」

これ、本当にそうだなって思います。

いかに親子で「楽しむか」が一番大切であると教えてもらいました。

なので、私は私と子どもに合ったやり方で少しずつ「英語育児というハイキング」を楽しめたらいいなと思います。

こちらのハイキングものりこさんのお言葉です。

 

のりこさんのお子さんはこちらのマザーグースの歌のネイティブの子にそっくりな歌い方、話し方をされます。あまりに似ているので、これ、あの子が実は歌っているのでは?と思ってしまうほどです。

 

そんなのりこさんがおススメしてくださって、本当にお宝本!と思い愛用しているのはこちらです。

 

実はwee singのCDは結構色々と持っていて、マザーグースもかこれではないものは持っていました。どのCDも安い上に多くの曲が入っているのでとってもおススメなんですが、マザーグースのこちらのCDは、のりこさんがおススメされたのもあって、凄く気に入っています。

 

さらにマザーグースの本も数冊持っていたので改めてこれまで買わなくてもいいやと思っていたんですが、のりこさんの話を聞いていくうちに「マストだな!」と思い購入しました。

 

これらの歌を通して子どもがバイリンガルになれるとしたら……?

とにかくかけ流ししてみるしかない!!

と、思ったのでした。

 

こちらのCDは英語育児を始めてしばらくしてから教えてもらい、そこから暇さえあればDWEに加えてこちらのwee singのマザーグースもかけ流しています。馴染みのあるマザーグースよりも、馴染みがあまりないマザーグースもたくさん入っています。

 

いや~、これは大人もかなり耳鍛えられそうです。

凄い!

 

どうやら長くなり過ぎてしまったようなので、こちらのCDの魅力については次の記事で書いてみたいと思います。