4人の子どもと英語育児。

10、6、3、0歳、夫は単身赴任でワンオペ育児。育休中。2017年10月からDWE正規会員に。

【動画多数】次のTEでキャップTEにチャレンジするかを検討中。

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 英語ブログ DWEへ

 

前にDWEネタを書いたのは1ヶ月前でした。f^_^;

もうすこし頻度をあげたいところです。

 

ブルーの課題もグリーンの課題も全制覇を目指していますが、ブルー課題はテレフォンイングリッシュのみがキャップをとるには残っている現状です。

 

f:id:akey39:20180107102412j:image

 

しかし、テレフォンイングリッシュは週に一度で、冬休みもあったためブック2にようやくいったところで、ブック3のレッスン6のキャップに必要なテレフォンイングリッシュまではまだまだ先です。

 

なので、とりあえずはもうクリアしてるけどまだ出してない課題を出し始めています。

 

f:id:akey39:20180107114018j:image

 

 f:id:akey39:20180107102911j:image

 

しかしまだまだ冬休み。

待てど暮らせどテレフォンイングリッシュの時間はやってきません。

 

そしてちらっと聞いたのが、キャップを取ってから半年しないと出れないイベントがあるとか。

 

それは……悠長に構えている場合ではないのかも。

 

そこで、緊急シフト変更!

 

もうこの際テレフォンイングリッシュのブック3レッスン6までのテレフォンイングリッシュもどきを私がする、という案です。

 

ザ・日本語英語の私ですが、娘たちは結構気持ちいいほど答えてくれていたので、動画を撮りつつテレフォンイングリッシュもどきをしました。

 

爆音注意です。

さらに、バックがうるさいです。

 

まずは動物の絵を見ながら、

「What do you see?(何が見える?)」と聞いているところです。母は完全にカンペを読んでるだけです。

 

instagram.com

 

複数形にしないといけないと思っているのが分かります。

 

続いて「How many(何匹)?」と、「What does a ◯◯ says(何て鳴く)?」のやりとりです。

 

instagram.com

 

DucksとDogs...よく考えてるな〜と思います。

そこら辺での間違いはなさそうでした。

母の言い方もあるかも知れませんが。

 

こちらは歌です。

これ、練習してから動画を撮ったのではなく、突然私が歌おうと書いてあるので言って歌ったんですが、順番までほとんど覚えてる様子。

すごい。

 

instagram.com

 

続いてはバースデー会場での一コマでの質問。

 

何してるの?という質問に対して答えています。

 

instagram.com

 

すっごー!

まさかの動詞を使ってるーー!!

単語だけでも質問ちゃんと分かってるなという感じなんですが、文章まではいきませんが、その一つ前の動詞もプラスしようとしているのが見え隠れ。これは嬉しかったです。

 

こちらは続きです。

instagram.com

 

この元気な歌声、私まで元気が出ます。

 

続いてはディジーがキッチンでグーフィと何かをしている一コマより。

 

どこにいるの?

何してるの?

何見てるの?

などの質問が続きます。

次女、動詞がさっとさりげなく出てきてる!

すっごー!!

 

instagram.com

 

そして時間をかけて言ったにも関わらず答えは一言というのもありました。

 

私「ディジーは何見てる?」

次女「見てるのは……誕生日の……作る……本!」

私「そう、A cook book.(料理本)」

 

ほんと、次女の潜在能力は未知数です。

 

こちらは続きです。

instagram.com

 

ディジーは何を持ってる?

机の上には何がある?

冷蔵庫は何色?

と続いています。

 

冷蔵庫が何か分からなかった次女ですが、言葉ヒントで分かったようです。

何だか本当に頼もしい。

 

最後に料理をしている一コマ。

こちらには単語力不足、単位への知識不足が分かります。そして私ももうどこを読んでいるか把握しきれておらずめちゃめちゃになっていきました。f^_^;

 

instagram.com

 

私の英語、改めて日本人アクセントがかなりあるな、という感じです。

話し方にも訛りが……。f^_^;

失礼しました。

 

と、いうことで、ブック3レッスン6まで親子で少しずつやっていきたいと思っております。^_^

 

 

 

スポンサーリンク